忍者ブログ
墨絵画家の制作の記録とミニマルな暮らし
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ゆかた、ほどき中。


ふだんはほどいた糸は捨てていたけど、手持ちの糸が少なくなってきて新しく買う余裕もないのでとっておくことにした。
昔何かで読んだけど、こういう糸を「ぬきそ」と呼んで、できるだけ切らずに長く抜けるのが「お針上手」とされていたらしい。
古い着物を仕立て直す時や繕うときに「ぬきそ」を使う。真新しい糸を使うのがもったいないというよりも布と糸の強度のバランスを考えてのことだろう。弱った布に丈夫な糸では馴染まないからだ。


返し縫いのところなどは糸を切ってしまって、コロコロで取る。






ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[3578] [3577] [3576] [3575] [3574] [3573] [3572] [3571] [3570] [3569] [3568]
profile
江島恵 KEI EJIMA
自己紹介:
墨絵画家 、ライブペインティングアーティスト
無精者のミニマリスト
Sumi-e artist,Live painting artist,Minimalist

©Kei Ejima
最新コメント
[06/30 やまだ]
[06/16 やまだ]
[06/16 匿名]
墨絵師の本
PVランキング
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone