忍者ブログ
墨絵画家の制作の記録とミニマルな暮らし
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


月曜日、ハローワークへ二度目の相談に行く。

途中の100円ショップで電池を買おうと立ち寄ったら

店頭で目にとまったものが…

花の土。

アロエさえ枯らすガーデニングの才能ゼロの私に

突如、植物への愛が芽生えてしまった。




かろうじて生きている鉢植えの植物を

いたわってやろうという気持ちになったのだ。


これがその哀れな鉢植え。



奥のは多分オリヅルラン。

一応花が咲いている。

手前のはトゲのないサボテン風の植物なんだけど

オリヅルランの茎が伸びてきて、ここに着地して一部居座っている。


まずはサボテンの鉢から。



右からサボテン、オリヅルラン、そして苔、これは大切だ。

鉢の底に庭の砂利を適当に入れて

「花の土」を…あれ?腐葉土みたい。

裏を見たら「他の用土とブレンドして使う」と書いてある。

そうか〜

でも仕方ないから今回はこの土だけで。

もしまた奇跡的に愛が芽生えたら別の土を買ってこよう。


さて、この鉢は多分東日本大震災のときに割れたんじゃなかったな。

それにしても、抜けない。

根が回っているのだろうがビクともしない。



格闘の末、なんとか出た。

葉っぱもずいぶんちぎれてしまった。



右下の根っこの塊は、どくだみの園に投げ捨てた。

(このあたりはやはりおおざっぱ)

もしかしたらそこで根付いて花が咲くかしら。


鉢の欠けた部分は砂利で補って

なんとか鉢に収めた。



この後たっぷり水をあげたら

少し元気になったように見える。


なぜ植物を愛でる気持ちになったかは不可解である。

100円あれば花の土ではなく何か食べ物だって買えたはずだ。

こんなに貧乏なのになぜ花の土…

と、思い出したのは山頭火である。

一時期かなりの憧れを持って山頭火の日記などを読んでいた。

大半は放浪生活だが、たまに定住していることがあって

そのときは結構まめに自炊などしている。

自分で食材などかってくるついでに、わりとよく切り花を買って

部屋に飾っているのである。

これを読んでいた頃は「借金しながらの生活なのに無駄遣いではないか」と思ったけれど

自分が当時よりさらに貧乏になった今、なんとなくわかる気がするのである。

そういえば林芙美子も苦しい生活の中でたまに鉢植えの花など買っている。

私も同じようなことをしてなんだか清々しい気分になっている。

そして思った。

気持ちの豊かさは、人生の宝物だな。





さて

ハローワークの件は、この日は収穫がなく

今日、やっと初めての面接に行ったけれど結果はまだ出ていない。

決まったら嬉しいような悲しいような…

成り行きに任せます。




ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[3516] [3515] [3514] [3513] [3512] [3511] [3510] [3509] [3508] [3507]
profile
江島恵 KEI EJIMA
自己紹介:
墨絵画家 、ライブペインティングアーティスト
無精者のミニマリスト
Sumi-e artist,Live painting artist,Minimalist

©Kei Ejima
最新コメント
[06/30 やまだ]
[06/16 やまだ]
[06/16 匿名]
墨絵師の本
PVランキング
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone