忍者ブログ
墨絵画家の制作の記録とミニマルな暮らし

のろのろと進行中

衽付け
大胆不敵の大きな針目でガシガシ縫っております。
でも少しずつ浴衣っぽくなってきた。



衽の耳ぐけ。
これまたおおらかな針目で。


おばあちゃん縫いではなく「かけはり」という便利な道具を使用



襟付け


対丈に仕立て直しているので、おはしょりの部分が余るわけだが、次に仕立て直すときのことを考えて切らずに残しておく。身頃は内揚げを多めにとって、衽と衿先はそのまま縫い込む。
長いままの方が、擦り切れた部分を切り落としたり天地を入れ替えたりするときに、柄合わせも含めてやりくりしやすいのである。
また注染だと両面に柄が出るので表裏返すこともできる。今回は襟が焼けていたので、そこだけ裏返した。
ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[3回]

PR

股間を刺し子にしたパンツ
透かして見ると針を刺したところから光が漏れてる。
よほど布地が劣化しているようで、実際はいている感触も何だか心もとない。



そんなわけで、ついに当て布をすることに。
当てるのは先日台拭きにも使った墨染の手ぬぐいだ。


仕上がりはこんな感じ


前の方もポケットの形にすれているので同じように当て布をした。


鉄壁の守り。…というにはやや頼りないけど、とりあえずこれでおしりもちょっと安心。

早速はいてみた。


この写真では分かりにくいが結構なボロ感だ。
さすがにそろそろ買い替えねばなるまいか。
でもその前に紙を買いたいんですけど…




ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[2回]


肩当てを付ける。
これは元の浴衣から取りはずしたものをそのまま使用。



脇縫いは大きな針目で大丈夫。むしろその方が体に添って着やすいのだとか。
ということで遠慮なくざくざく縫います。この後針目はもっと大きくなっていくのであった…



脇の縫い代の始末。
全部耳ぐけにするのだが、これが結構めんどくさい。袷だとこれはないけど表と裏の釣り合いをとるのがたいへん。どっちが楽とも言えないな。
あれがめんどくさい、これが大変と言いながら、それでも自分で作りたがるのは何なんだろう。

ちなみに、またおばあちゃん縫いだ。
 






ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[2回]


何度も繕って当て布までした台拭きに、またほころびが



同じものが2枚あって、もう一枚は健在である。
ちなみに元はまっ黒な地に白い柄の手ぬぐいであった。




当て布のほころびはからし色の糸で繕った。





こちらは当て布をすることに。
適当な布がなくて、絵を描くときに使ってる手ぬぐいの端っこを少しもらう。
この手ぬぐい自体もう擦り切れそうなのであまり意味をなさない気もするが




ボロ同士、仲良くしてもらいたいと思う。




ここは裏にも当て布を回しつけたが、裏にも大小多数のほころび発見。
大きななものだけグレーの糸で繕った。




なんでも捨てたがるくせに、こういうものは妙に大事にして、どこまで使えるか限界に挑戦してみたくなるのである。




ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[4回]


しつけ糸を使うのなんて十数年ぶりじゃなかろうか。





印付けができて、やっと縫い始め





背縫いと内揚げを縫った。

今日はここまでだー




ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[5回]


衣生活の命綱的コットンパンツが予想以上に劣化していることに、やや焦りを覚えて仕立て再開。私のあやしい計算でなんとか寸法も出した。

余談だが本当に数えたり計算したり、さらには測るのも苦手で、計算は電卓でも間違えるほどのツワモノである。新しいバイト先ではお菓子の数を数えたりすることもありそうなので「数えるのも計算も苦手なのでフォローお願いします!」と最初から宣言しておいた。やらないわけにはいかないだろうけど、あとは知らないよ。




寸法も決まり、さて印付け。
ところがほどいたままの生地はシワや折り目で歪んでちゃんと測れない。あたりまえである。
ほんとうなら洗い張り(洗って糊付けし板に張って乾かすとピンと仕上がる)をしたいとこだけど道具もないし、洗ってコテで伸ばすだけにする。
それも億劫だけどやらないと先に進めない…







ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[3回]


ヨレヨレのコットンパンツ。
写真ではただのヨレヨレにしか見えないが、あかりに透かして見るとシワの部分が相当薄くなっている。もし穴が開いても目立つところではないけど、何かの衝撃でおしりまで裂けないとも限らない。危険である。


ということで、ちくちく縫って補強する。
針を刺してみると布が弱っているのがよくわかる。くにゃくにゃだ。


バイトにはいて行けるのはこのパンツしかないから大事にしなければ。
それを考えるとバイト以外の時は浴衣など着ているのが理想的だが、先ごろの浴衣が縫い上がる気配は未だない。


さて、
これでどうだ!


股間が刺し子の坊主頭がいたら、それは間違いなく私です。




ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[7回]


布用ペンで描いたエコバッグ


こんなところにほころびが。


繕った!







ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[4回]


ゆかた、ほどき中。


ふだんはほどいた糸は捨てていたけど、手持ちの糸が少なくなってきて新しく買う余裕もないのでとっておくことにした。
昔何かで読んだけど、こういう糸を「ぬきそ」と呼んで、できるだけ切らずに長く抜けるのが「お針上手」とされていたらしい。
古い着物を仕立て直す時や繕うときに「ぬきそ」を使う。真新しい糸を使うのがもったいないというよりも布と糸の強度のバランスを考えてのことだろう。弱った布に丈夫な糸では馴染まないからだ。


返し縫いのところなどは糸を切ってしまって、コロコロで取る。






ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[5回]

半幅帯は仕上がったものの、いまだ下駄を入手できていない。
このゆかたも前から仕立て直そうと思っていたので、この機会にやることにした。

まずはほどく。


おはしょりなしの対丈にして着やすいように付け紐をつけようと思う。
袖は絵を描くときにたすき掛けをしなくても済むように船底袖に。




ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

拍手[5回]

[1] [2]
profile
江島恵 KEI EJIMA
自己紹介:
墨絵画家 、ライブペインティングアーティスト
無精者のミニマリスト
Sumi-e artist,Live painting artist,Minimalist

©Kei Ejima
最新コメント
[06/30 やまだ]
[06/16 やまだ]
[06/16 匿名]
墨絵師の本
PVランキング
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone